エクスレーヴは着圧式骨盤矯正ショーツです。

 

「着圧式」とは生地の締め付けによって効果を発揮する商品の事なので、サイズがきちんと自分に合っていないと、十分な効果は発揮してくれません。

 

…という訳で、今回はエクスレーヴの上手なサイズ選びについて考察&解説をしていこうと思います!

エクスレーヴのサイズについて

エクスレーヴにはMサイズとLサイズがあり、商品を購入する時にはどちらか一つを選択する必要があります。

 

適応サイズはMサイズがヒップ87~95cm、Lサイズが96~105cmとなっています。

 

まあ、これは大体の目安なので、体型によってはヒップサイズで合わせるとサイズにちょっとズレが出てしまう場合も稀にあるようですが、基本的には普段履いている下着のサイズと同じ位のものを選ぶと良いでしょう。

 

統計サイトを調べてみたところ、日本人女性の平均的なヒップサイズは86cm前後という事でしたので、エクスレーヴは日本人女性にちょうど良い位のサイズで作られているという事ですね。

エクスレーヴのサイズの選び方

ここでは、実際にエクスレーヴを購入する際のサイズ選びの注意点と、エクスレーヴの上手なサイズの選び方についてを解説していきます。

エクスレーヴは丁度良いサイズを選ぶ事!

「いや、“丁度良いサイズを選ぶ”って当たり前の事じゃん」…と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、エクスレーヴの口コミやレビューなどを見てみると、その当たり前がなかなか出来ていないという人も多いんですよね…。

 

エクスレーヴはショーツ自体の締め付けが骨盤矯正やダイエットに繋がってくれるという商品ですが、ただ締め付けがキツければ良いという商品でも無いのです。

 

早く痩せたいからといって、無理矢理にサイズの小さいものを履いても、十分な効果が得られないどころか、血管を圧迫して血流が滞り、身体の代謝機能を抑圧してしまう可能性もありますし、最悪の場合は筋肉や骨などを痛めてしまうかもしれません。

 

逆に、サイズが緩すぎてもしっかりと骨盤が矯正されてくれず、いつまで履き続けても思っていたような効果が得られないという事もあります。

 

かく言う私も、最初は締め付けがイマイチな状態のまま使っていて、全然効果が無くて「無駄なお金を使ってしまったな~」と後悔したものです…。

 

いや~、あんまりキツく締め付けられるのは嫌だなと思いまして…。

 

まあ、結局その後新しくワンサイズ小さいものを購入したのですが、着圧がキツく感じたのは最初のほんの数日だけでした。

 

着圧に慣れてしまえば後はどうって事なかったですし、エクスレーヴを履いている間にヒップ周りも少しずつ小さくなってくるので、いつの間にか身体にちょうど良くフィットしてくれるようになるんですよね。

 

…とは言え、前述の通り、小さなサイズのものを無理矢理履くのはNGですので、その辺りはきちんと自分に適切なサイズをチョイスするようにしましょうね。

どの位の締め付けが適切なのか

ここまで「きっちり締め付けてなきゃダメ!」…というような事を何度か書いてはいますが、エクスレーヴ自体の締め付ける力はそこまで強くはありません。

 

私自身もそうでしたが、これまでに幾つもの矯正下着を使用してきたベテランユーザーの方には、若干締め付けが緩く感じる人もいらっしゃるようです。

 

まあ、それがわざわざ本来使うべきものより小さいサイズのものを購入してしまう人がいる遠因にもなっている訳ですが、エクスレーヴの場合は骨盤を固定しその位の締め付けでOKなんですよね。

 

エクスレーヴは骨盤を無理無く正しい位置に戻すと共に、体の巡りを向上させる目的で使っていく商品なので、強過ぎる締め付けはNGです。

 

目安はエクスレーヴを履いた時に生地と身体に大きな隙間が出来ず、ヒップが持ち上げられているのが分かる程度の締め付けがあるものが丁度良いサイズとなります。

 

履いている時に痛みがあったり、ショーツがキツキツでしゃがめないという場合はサイズが小さ過ぎです。

 

ちなみに、「ヒップサイズが96cmでギリギリLサイズかな?」なんて時は、Lサイズでは無くMサイズを購入する事をオススメします(本当は2種類持っておくのがベストですが…)。

 

私もそれで失敗してしまったのですが、1cm位のサイズオーバー位なら、エクスレーヴをちょっと履いているだけで細くなってしまうんです。

 

もちろん、大きくサイズオーバーしている場合には厳禁ですが、そういった「エクスレーヴを履いていく内に減る分」も考慮しながらサイズ選びを行っていくと良いと思いますよ。

 

エクスレーヴの口コミはこちら>>

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!